Encontros e Despedidas

3月ももう終わりですね。

後半2週間、様々なことがありました。

とりあえず3月で終了となる昼の仕事の有給休暇がまるっと2週間とれたもので、やりたい放題?笑

 

19日はビルボードにBrian Culbertsonを観に行きました。

期待以上のパフォーマンスで、ほんとに楽しめました。

プレイヤー陣みんなすごいし、曲もよかった。ステージングがエンターテイナーだったし、もちろん超絶技巧には参りました、という感じでした。

 

20日は日本に帰国されたYazさんのライブを観に。

ニューヨークで知り合った面々が一堂に会して、休憩時間とかはなんか同窓会みたいな気分でした。

でも、バンドのメンバーは初組み合わせで観たので、新鮮でもあり、懐かしくもあり(前回バンドみれなかったから)。

ニューヨークで観れないのかーとふと思ったら、泣きそうでした。

 

21、22日はManhattans連チャン。プラス21日の日中はものすごい久しぶりにCJでライブのお手伝いしてきました。

ここで、機材が新たなトラブルを生み出しまして。

来月関西ツアー行くこと考えるとかなり心配なので、思い切って新しいシンセを買いました。

と同時に、置く場所なくなってきたので、使ってないシンセやら音源その他諸々、買取屋さんに来てもらってお別れしました。

使ってなかったくせに物が一気になくなるとヘンな空虚感。

 

28日はちょっと前に声かけてもらって実現した初ユニット。

自分が重い腰を上げなかったためになかなかやれなかったことが、ここへきてやれてしまいました。

ピアニカとギターとパーカッションだけでたっぷりの2ステージ。

しかもギターの方が願ってもないくらい絶妙なセンスというか、自分の欲しい音だったりそれ以上のものを返してくれるので、合わせててワクワクでした。

2ステージ吹きっぱなしはめっちゃ体力使うことを実感しましたが、やりたい曲やれて楽しかった。

タイトルにつけたミルトンナシメントの曲もやりました。

ほんとこの2週間でいろんな出会いと別れがあったなぁ。

29日はセッションホストでしたが、ほぼ初めましてのお客さんばかりだったし。(すごいバランスよく各パート揃ったのは神がかってました。笑)

 

出会いが多いのはありがたい限りですが、いっぺんにお名前を覚えられないかも、ってのは困ったもんです。

 

 

JUGEMテーマ:音楽


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

ライブ情報

2019年11月15日(金)
@西調布 uncle
Yasu band
open 20:30
start 21:30
charge 2,000円
ヤス高橋(vo.&g.)
平野雅己(g.)
山嵜優(b.)
佐藤"ステディ"徹(dr.)
関野和則(per.)
ドクター(org.)
田中久美子(key.)



- - - - - - - - - - - - -
サポート演奏等も承っております
ジャンル、編成、幅広く対応いたしますのでご相談ください。
HPよりe-mail受付けております。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

time

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

amazon

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM