ほぼ月記

9月末木更津の素敵なカフェにて、ギター、キーボード、サックスという編成でライブしてきました。

当日イオンの某楽器屋さんで朝からリハ。

しかも台風の1日前ということもあり、木更津着いたとたんに雨。一日遅かったら木更津から帰れなくなるところでした。

リズム隊なしって以前は厳しいなと思ってましたが、それなりに自由になる部分もあって、無理にベースパート弾かなくても、無音の時間があっても、お互いのテンポ感があってて信頼できれば、それはそれで面白いものになるんですよね。

おかげさまで近隣のお客さんや生徒さんたちで満席、とてもやりがいありました。

 

翌日はほんとは発表会リハあったんですが、電車が止まって帰れなくなるってことで中止になり、、、

翌週の本番前にリハやることになり、朝9時柏入り!

早朝のハイウェイスターとか体起きてなくてキツかったですがw、とってもいい会場で、楽しくやらせていただきました。

ギター教室とドラム教室合同でしたが、生徒さんのバランスもよく、いろんな曲があって個性も色々で、お互いの刺激になっていいんじゃないかなと思いました。

早い時間に終わったので、打ち上げ(講師陣+生徒さん2人でしたが)にも行きました。

超楽しかったー。このくらいの人数だと、小グループができずに全員が同じ話題でしゃべれてたので、そこがポイントだった気がします。

 

そして10日はmanhattansのライブでしたが、新曲の資料が8日の夜に5曲送られてくるという事態。

しかも3曲はコードが超えぐかったり、そんなすぐ弾けません、って感じの難曲。

2晩だけでなんとかしました。(やったのは3曲でしたが、気が変わってやるって言われると困るので全部さらっといた。そういうバンドなので。)

本番ちょいちょいやらかしはしましたが、バンド全体のテンションがアゲアゲで楽しかったので、良しとしてください。(^^;)

 

13日のアンクルはこれまたちょっとした試練?でした。

諸事情でベースレス。

なぜかついでにギターも1人分になったので、やれる曲にも制限が。

ドラム、ギター、キーボードのトリオでも2曲やりました。

ドラムが普通にアプローチしてくる状態だとやっぱり低音必要な感じがするので、右手より左手に神経集中する羽目になり、足枷感が半端なかった。

普段ベースが何弾いてるかもっとよく聞いとかないと、それっぽくならないなーって曲がいくつかありました。

 

しかしまぁ、今年はほんとに目立った変化じゃないけどいろいろやらせてもらっていて、月日が経つのが早いこと早いこと。

気になるのはNY奮闘記が書き終わるのかどうかってことです、、、

 

 

 

JUGEMテーマ:音楽


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

ライブ情報

2019年5月11日(土)
@Butcher八王子
MANHATTANS
open 17:00
start 20:00
投げ銭

北守一生 sax
森崎直樹 drums
相澤卓也 bass
今野雄介 guitar
田中久美子 keyboard


2019年5月24日(金)
@西調布 uncle
Yasu band
open 20:30
start 21:30
charge 2,000円
ヤス高橋(vo.&g.)
平野雅己(g.)
山嵜優(b.)
佐藤"ステディ"徹(dr.)
ドクター(org.)
田中久美子(key.)



- - - - - - - - - - - - -
サポート演奏等も承っております
ジャンル、編成、幅広く対応いたしますのでご相談ください。
HPよりe-mail受付けております。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

time

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

amazon

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM