4/26〜29

早いものでそろそろ一週間たとうとしています。

 

26日木曜日はブロンクスまで行ってソウル系のopen micを新規開拓してきました。
ホストキーボードの人やばかった!ベースレスだけどベーシストいらない。
ホストボーカルも素晴らしかった。聞きに来るだけでも価値があります。
日本にはこのレベルの人たちいないと思う。多分。
私はfor the love of youやったらもう1曲なんかやってと言われfeel likeを。
全然違う雰囲気のイントロくっつけられて、一瞬私の英語が通じてなくて違う曲と勘違いされたかと思ったら、ちゃんと入れるところ戻ってきてくれました。
11時半途中退場でred lionへ。
Days Of Wildのギグヘ混ぜてもらいました。約2時間半ぶっ続けライブ、結構きつかった、、、
ドラムの飛び入りが多くなってるのはそういうことか。。。
27日金曜日はBuddy GuyのコンサートへNJまで行ってきました。
会場に早く到着したので近くのラーメン屋さんへ。
かなりの日本びいきなお店で、待ちのお客さんがいるくらいでしたが、味はちょっとアレンジしてありました。
たぶん、、日本人が作ってないと思う。
30分前座バンド、30分休憩の後、だったのですぐ終わっちゃうかなと思ったら、1時間半くらいのステージでした。
帰りの電車が22:36の次23:24だったので22時のほうで帰ろうかと思ってましたが、22時過ぎても終わってなかったので最終で帰ることにして、最後まで見ました。エンターテイメントが素晴らしかったです。楽しかった!
28日土曜日はHobokenのブルースジャムへ。R・Kがいなくてちょっと寂しかった。
American Trashで会った人もちらほら。
マーティンさんというハープの女性と仲良くなりました。
常連さんも残ってはいるけど、ちょっとメンバーの入れ替わりを感じました。
年齢層が若干若くなってる、、、American Trashで何人かの人が、もうHobokenに行ってないって言ってたけど、居心地が変わっちゃったんだろうなというのは分かる気がしました。
29日日曜日は、朝当日情報の連絡をもらってブルックリンのopen micへ。
こちらは庶民的でした。ちょっと安心して演奏できる感じです。
まぁでも、知り合いなしでアジア人が飛び込むのはちょっときついかな。。。
お客さん含め9割がた黒人さんでした。
ここでも最初feel likeだけでエントリーしたけど、もう1曲って言われて、isn't she lovelyを。
メロディカが珍しいのと、音が気に入ってもらえるみたいですね。
木曜日のとこもそうだったけど、来週も来てって言われるのはうれしいけど、ハードル上るのでなんか新ネタ考えないといけないかな。。。
open micの場合は自分発信なので、そこが大変です。

 

JUGEMテーマ:日記・一般


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

ライブ情報

2018年11月24日(土)
@西調布 uncle
Yasu band
open 20:30
start 21:30
charge 2,000円
ヤス高橋(vo.&g.)
平野雅己(g.)
鈴木清一(b.)
佐藤"ステディ"徹(dr.)
ドクター(key.)
田中久美子(key.)



- - - - - - - - - - - - -
サポート演奏等も承っております
ジャンル、編成、幅広く対応いたしますのでご相談ください。
HPよりe-mail受付けております。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

time

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

amazon

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM