怒涛は続く

なんだかんだと忙しさが続いております。
まず5/31は自分の予定じゃないけど、記念すべきYaz Bandが日本で見れるってことで見に行ってきました。
一緒に行ってくれたよーこさんのおかげで一番前かぶりつき。ぱんだ
でもちょっと近すぎて照れくさくてあまり顔上げられなかったけど。ちゅん
メンバーもNYで見てたメンツだし(組み合わせは多分初)、ほぼ途切れなく次々やるのも、キメとかも地下鉄と一緒。
唯一keicoさんがピアノだからちょっとアプローチが違って、よりジャズ色強くなってました。
いつも3時間聞く身としては物足りない気もしたけど(笑)、Yazさんのいつにも増しての熱のこもった演奏、揺るぎないグルービーなリズム陣、遊び心満載のピアノ、堪能できて大満足でした。手
なによりも日本で聞けたっていうのが感慨深いものがありました。ゆう★

余韻に浸りたいところでしたが、日曜日には自分にとって大仕事のはやとさんディナーショー、そのリハ、そしてその次の週の発表会リハの準備とてんてこ舞い。困る
とはいえ、目の前のディナーショーは気も抜けない手も抜けないので、リハ準備は資料のダウンロードとプリントアウト&テープ貼りのみ。それでも3〜4時間費やしましたが。。。

ディナーショー、思ったほどいやな緊張はしなかったんですが、大きな事故もなく後半ピアノ一本のバラードがうまくいったとホッとした瞬間。!
ボタンを押し間違えてピアノ演奏のデモ曲が一瞬流れてしまったのでした。ゆう★
終わった。。。_| ̄|○
時代が時代なら切腹じゃないかー?
演奏で間違いをする方がまだましだ。次がコントだったので、流れが変わるタイミングでちょっと助かりましたが、私はしばらく引きずっててコントじゃ笑えなかったです。パンダ
その後にまだピアノメインで始まる曲がラスト立て続けに3曲残ってたので、その前には気持ちを切り替えて集中しましたが。
実は準備の時にスタンドが壊れたり、持ってきた手元ライトが電池切れ間近だったらしくめっちゃ暗くて暗転すると見えなかったりと予兆トラブルがあったんですが、本番にさらに魔物が潜んでいたとは。Docomo_kao20
あのボタン、二度と間違って押さないための工夫が必要だと痛感しました。KORGさん、設計の時もうちょっと考えてほしかった、、、

さて、今月来月と発表会関連に追われますが、もうちょっと踏ん張ります。
ニューヨーク奮闘記にまだ取り掛かれていないのが気掛かり。汗




JUGEMテーマ:音楽

関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

ライブ情報

2019年11月15日(金)
@西調布 uncle
Yasu band
open 20:30
start 21:30
charge 2,000円
ヤス高橋(vo.&g.)
平野雅己(g.)
山嵜優(b.)
佐藤"ステディ"徹(dr.)
関野和則(per.)
ドクター(org.)
田中久美子(key.)



- - - - - - - - - - - - -
サポート演奏等も承っております
ジャンル、編成、幅広く対応いたしますのでご相談ください。
HPよりe-mail受付けております。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

time

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

amazon

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM