初の名阪+ツアーday

今年のゴールデンウイークは、久しぶりに国内におりました。

というのもManhattansの関西ツアーに同行することになったので。

4/26の早朝多摩地区を車で出発、午後3時頃だったかな、目的地の大阪梅田のホテルに到着。

いったん荷物おいてからみんなでお好み焼き食べに行きました。

1日目の会場は1階ガラス張りで通りに面したロビーのようなレストランでの演奏でした。

素敵な空間だったー。

お客さんにとっても演奏者にとってもお得な企画、東京にもこういうところがあればいいのに。

この日はホテルで賄いが出て、そのままホテル泊。

 

27日は大阪城見に行って、道頓堀付近でたこ焼き食べてから高槻のライブハウスへ。

ライブハウスだったので前日とは打って変わってガンガン演奏する感じに。

スペシャルゲストまで登場で、アゲアゲでした!

終了後は名古屋へ移動。

メンバーのお友達の家に2晩お世話になることに。

夜中の2時過ぎとかに到着だったんで私は速攻寝ましたが、みんな遅くまで?朝早くまで?しゃべってました。

 

28日はJazz spotでの昼間のライブでした。

音量制限があるようだったので私もなるべくグランドピアノを使用。

3日間場所を変え、表情を変えてのライブ、非常に有意義でした。

あ、名古屋ではしっかりモーニングも体験しました。

コーヒー頼んだらトーストetcのセットが200円でついてくる、ていう。

 

ライブ終了後は知り合いお勧めの地元のお店で打ち上げ後、スポッチャへ遊びに行くという暴挙へ。笑

ひっさしぶりに球技系のスポーツしました。

もう一泊させてもらってから昼過ぎ出発、夜には東京に戻ってきました。

2日後筋肉痛に見舞われたことは言うまでもありません。

 

関西ツアー後明けて令和初、5/2は茨城県へ。

自然豊かな場所で、素敵なお店でした。ニュージャージーの郊外によくあるお店の雰囲気出てました。

料理も超絶おいしかったです。

地元付近から聞きに来てくれたお客さんも喜んでいただけたようでよかった!

 

5/5は池袋のabsolute blueでサンボーン特集。

3月にYazさん聞いた時にはまさか自分が同じ場所でやる立場になるとは思ってませんでしたが。

2日間で準備するのはなかなか大変でしたが、ここまでやり切った後の爽快感はたまらんですね。

 

まだ来週もライブありますので、八王子ですが(^^;)、ストイックなバンドの演奏をぜひ聞きにいらしてください!

 

JUGEMテーマ:音楽


Encontros e Despedidas

3月ももう終わりですね。

後半2週間、様々なことがありました。

とりあえず3月で終了となる昼の仕事の有給休暇がまるっと2週間とれたもので、やりたい放題?笑

 

19日はビルボードにBrian Culbertsonを観に行きました。

期待以上のパフォーマンスで、ほんとに楽しめました。

プレイヤー陣みんなすごいし、曲もよかった。ステージングがエンターテイナーだったし、もちろん超絶技巧には参りました、という感じでした。

 

20日は日本に帰国されたYazさんのライブを観に。

ニューヨークで知り合った面々が一堂に会して、休憩時間とかはなんか同窓会みたいな気分でした。

でも、バンドのメンバーは初組み合わせで観たので、新鮮でもあり、懐かしくもあり(前回バンドみれなかったから)。

ニューヨークで観れないのかーとふと思ったら、泣きそうでした。

 

21、22日はManhattans連チャン。プラス21日の日中はものすごい久しぶりにCJでライブのお手伝いしてきました。

ここで、機材が新たなトラブルを生み出しまして。

来月関西ツアー行くこと考えるとかなり心配なので、思い切って新しいシンセを買いました。

と同時に、置く場所なくなってきたので、使ってないシンセやら音源その他諸々、買取屋さんに来てもらってお別れしました。

使ってなかったくせに物が一気になくなるとヘンな空虚感。

 

28日はちょっと前に声かけてもらって実現した初ユニット。

自分が重い腰を上げなかったためになかなかやれなかったことが、ここへきてやれてしまいました。

ピアニカとギターとパーカッションだけでたっぷりの2ステージ。

しかもギターの方が願ってもないくらい絶妙なセンスというか、自分の欲しい音だったりそれ以上のものを返してくれるので、合わせててワクワクでした。

2ステージ吹きっぱなしはめっちゃ体力使うことを実感しましたが、やりたい曲やれて楽しかった。

タイトルにつけたミルトンナシメントの曲もやりました。

ほんとこの2週間でいろんな出会いと別れがあったなぁ。

29日はセッションホストでしたが、ほぼ初めましてのお客さんばかりだったし。(すごいバランスよく各パート揃ったのは神がかってました。笑)

 

出会いが多いのはありがたい限りですが、いっぺんにお名前を覚えられないかも、ってのは困ったもんです。

 

 

JUGEMテーマ:音楽


明けましておめでとうございます

バタバタしてる間に2019年を迎えました。

明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

12月はほぼ休みなしで駆け抜けました。

おかげでここだけの話、大掃除が全部は終わってないので、正月休みも使ってやる予定。(^^;)

そして1年を振り返ってる暇もなかったので、改めてというか、初めて?年間の活動具合を恐る恐る数えてみました。

 

昨年のライブ本数、ホームページに記載したのがちょうど40本。

載せてないけど発表会のサポートが6本。(形に残してないけどこれが一番大変だったりする)

そして、会場が個人宅だとか、曲数が少なかったからとか、仕事じゃなかったからとか、様々な理由で掲載をしなかったその他のライブがこれも6本。

合計で52本でした。たぶん。

おおよその感覚ですが、1年が52週間のようなので1週間に1回の本番、つまりは週休1日で働いてた?みたいなことになります。

ここに別日でやったリハは含まれてないので、そう考えるとまぁ、ようやったなと。

押しなべちゃってるので実際には超忙しいときも暇なときもどっちもあったわけですが。

 

中でも印象深かった堂々の第一位はやはり金沢遠征ですね。

一番遠くまで行ったのが金沢、一日にやったライブの本数が多かったのも金沢(会場変えて3本)、聴いてくれたお客さんが一番多かったのも恐らく金沢でしょう。

 

さて、今年は早々にまた昼間の仕事を探さなきゃな状況になるし、ちょっと長めにニューヨーク行くかも?だし、どんな年になることやら。。。(基本的に流れに身を置くタイプです)

 

引き続き、様々なジャンル、形態の演奏に関わっていきたいので、皆様どうぞよろしくお願いいたします。

 

JUGEMテーマ:音楽


もはや月記でもない

あっというまに12月じゃないですか。

この前まで千葉多めでしたが、11、12月は西東京多めです。

先週は国分寺のイベントで、アトリエでジャズ、という贅沢な経験をしてきました。
世界的に活躍されている方のお家を一部開放状態。
国分寺はなかなかイキなことしてます。
そして今週も、昨日がさわやかプラザ、今日は立川の羽衣町のイベントで演奏してきました。
昨日はお客さんの中でなみさんのMCと曲にやられて感涙する人が続出。
私も演奏する側なのに、曲紹介の段階でやる前に泣きそうでやばかったです。笑
とても心の温まるライブでした。
一変して本日は12月らしい寒さの中の野外でした。
寒いのなんのって。来場者は抽選目的であまりステージには興味ない感じもしましたが(^^;)、音がないと寂しいですからね。。。
ちょっと地域色?みたいなものを感じました。
今月は地元密着だけで言うと国分寺があと2回、立川が1回(再び野外)。
あと木更津で発表会、manhattansのセッションライブ、お久しぶりのアコースティックアート等々。。。ほぼ休みなし。
体調管理だけは気を付けねば!

JUGEMテーマ:音楽


ほぼ月記

9月末木更津の素敵なカフェにて、ギター、キーボード、サックスという編成でライブしてきました。

当日イオンの某楽器屋さんで朝からリハ。

しかも台風の1日前ということもあり、木更津着いたとたんに雨。一日遅かったら木更津から帰れなくなるところでした。

リズム隊なしって以前は厳しいなと思ってましたが、それなりに自由になる部分もあって、無理にベースパート弾かなくても、無音の時間があっても、お互いのテンポ感があってて信頼できれば、それはそれで面白いものになるんですよね。

おかげさまで近隣のお客さんや生徒さんたちで満席、とてもやりがいありました。

 

翌日はほんとは発表会リハあったんですが、電車が止まって帰れなくなるってことで中止になり、、、

翌週の本番前にリハやることになり、朝9時柏入り!

早朝のハイウェイスターとか体起きてなくてキツかったですがw、とってもいい会場で、楽しくやらせていただきました。

ギター教室とドラム教室合同でしたが、生徒さんのバランスもよく、いろんな曲があって個性も色々で、お互いの刺激になっていいんじゃないかなと思いました。

早い時間に終わったので、打ち上げ(講師陣+生徒さん2人でしたが)にも行きました。

超楽しかったー。このくらいの人数だと、小グループができずに全員が同じ話題でしゃべれてたので、そこがポイントだった気がします。

 

そして10日はmanhattansのライブでしたが、新曲の資料が8日の夜に5曲送られてくるという事態。

しかも3曲はコードが超えぐかったり、そんなすぐ弾けません、って感じの難曲。

2晩だけでなんとかしました。(やったのは3曲でしたが、気が変わってやるって言われると困るので全部さらっといた。そういうバンドなので。)

本番ちょいちょいやらかしはしましたが、バンド全体のテンションがアゲアゲで楽しかったので、良しとしてください。(^^;)

 

13日のアンクルはこれまたちょっとした試練?でした。

諸事情でベースレス。

なぜかついでにギターも1人分になったので、やれる曲にも制限が。

ドラム、ギター、キーボードのトリオでも2曲やりました。

ドラムが普通にアプローチしてくる状態だとやっぱり低音必要な感じがするので、右手より左手に神経集中する羽目になり、足枷感が半端なかった。

普段ベースが何弾いてるかもっとよく聞いとかないと、それっぽくならないなーって曲がいくつかありました。

 

しかしまぁ、今年はほんとに目立った変化じゃないけどいろいろやらせてもらっていて、月日が経つのが早いこと早いこと。

気になるのはNY奮闘記が書き終わるのかどうかってことです、、、

 

 

 

JUGEMテーマ:音楽


金沢へ

先週の話になりますが、初の金沢、初のジャズフェス参戦でした。

しかも前日夜から車で出発。

そしてこれまた人生初の健康ランド泊。ほぼ雑魚寝。

明けて当日は一日に3本のライブと、今までにないハードで濃厚で充実した時間を過ごしました。

フェスのほうは野外ライブ(屋根付き)で時折雨もパラついてましたがおそらく強烈な晴れ男がいたのでしょう、本領発揮せずに済みました。

お客さんの反応も良くて、ほんと楽しかった!

3本目、力尽きてた感は否めませんが、、、

翌日は帰る前にプチ観光して、海にも行き、遅めに帰ることで大渋滞に巻き込まれずにすみました。

サポートという立場ではありますが、いいバンドに参加できていい経験させてもらえてありがたいです。

今年2番の(1番は必ずNYなのだ)思い出になりました。w

 

 

JUGEMテーマ:音楽


拝島へ

いったい何年ぶりになるのでしょうか、石川酒造に発表会のお手伝いで行ってまいりました。

 

お声をかけていただいたのが2週間前、譜面をもらったのが3日前、とはいえ金曜日はライブもあったので実質昨日だけで準備、本番前のリハなし。

まぁ、一般的なスクールだったら成立しないかな。

セッションホストで初見大会を続けざまにやっていくような、そんな感じでした。

大体でいいよとは言われてましたが、限度があるので、知らない曲は何回か聴いておいて、必要そうなリフとかキメとかある曲だけプリントアウトして書いておいたり。

それでも、オリジナル曲は音源なし譜面もなしみたいなのをせーのでやったりもありました。
だからこちらはやっぱりセッション感覚。
ちょっとだけスリリングで楽しかったです。
まぁでもそれでなんとかなりそうな曲のほうが多いってことかな。
おそらく生徒さんたちもカラオケだけで練習してるとかじゃないんだと思います。
しかし、今日の暑さはやばかった。
駅から20分歩くし、会場も空調の効いたビルとかと違うので、汗流しっぱなしでした。
夏を満喫した気分になった1日でした!

 

JUGEMテーマ:音楽


最高のオーディエンス

めずらしく連投?です。

いたく心を動かされたので。

 

昨日はもう何年もルーチンでやってる月1ライブ@西調布でした。

たまたまなのか、リーダーの知り合いの、とある業界の神的存在という方が上京中に立ち寄ってくださいまして。

全然違う業界ですが、音楽はやったこともあるとかで、サンタナも大好きなご様子でした。

 

その方がもう最初から最後までハイテンションで、「すげー」「やべー」の連続。

人生の大先輩なお歳のはずですが、大きな声で歓声やら感想やら伝えてくるそのエネルギッシュさと純粋さが、強烈なメッセージとしてやっている側に伝わってきました。

大概、やったことある人だと逆にアラにも気づくだろうし、聴き方がマニアックになりがちなんじゃないかと思うのですが、ほんと純粋に楽しんでいただけて、聞く側のスキルが素晴らしいんだなと思いました。

あんなに喜んでいただけるなんて自分ライブ史上初めてなんじゃ?(in日本)

 

逆に、自分が他の人のライブでえらくエキサイトするような時、そこまで演奏者本人に伝えたことがあったかな?とちょっと反省してみたりして。

このところ、音楽を楽しむっていう原点を振り返る機会を立て続けにもらっていて、ついつい上見て自分を追い込みがちですが、そればっかりにならないようにしないとな、と思う次第です。

 

 

 

JUGEMテーマ:音楽


初のセミナー(開催側)

気がつくとあっという間に一か月が過ぎているパターン。。。

先日、知り合いの方のアンサンブルセミナーというのをお手伝いさせていただきに行ってきました。

参加者がドラムとギターの生徒さんが主で、ちょこっとベースも、という感じだったので鍵盤は弾きっぱなし。

途中休憩(奇しくも地震で一斉にスマホの警報が鳴り、中断したついでに休憩となる)込みの3時間。

数曲の課題曲の中からそれぞれ好きなのを練習しておいて、人前で他の楽器と合わせるというものでしたが、合わせるのが初めてという人たちも結構いて。

いきなりセッションは敷居高いしバンドも組んでないし、って方にはうってつけの機会だなと思いました。

私は生徒さん持ってないのでなんですが、発表会ももちろんよいけど、自分の楽器をある程度演奏できるようになったら、適応力をつけるための他の楽器の人と合わせる機会を提供するって、おすすめかもしれません。

セッションって腕を競うみたいな雰囲気あるところも中にはあるので、こういうセミナーなら、他の楽器の演奏聞きつつ自分の役割は?って思いいたることもできますしね。

 

JUGEMテーマ:音楽


茂原遠征

気がつけばもう6月も中盤。

先週もなかなかのみっちリスケジュールでした。

リハ2本、そのうちの1つは恒例のsaxスクール、30曲。これまた仕込みも多く。

そしてその前日、土曜日には、Manhattansで茂原まで行ってきました。

4人で車に乗っていって、小旅行気分で楽しかった!初の海ほたるも上陸。笑

体力的には疲れましたが、3バンドの対バンだったので曲数少なめ、オリジナルのみだったので新たな仕込みはなく、そこは助かりました。

ステージも非常に楽しかった!お客さんもとっても温かかった!
私は北海道ツアー行ってないけど、ちょっとおすそわけしてもらったような気分でした。
しかしまぁ、帰ってきたのが3時過ぎとかで、日曜は選挙行ってからの千葉リハだったので早起きせねばならず、3時間くらいしか睡眠時間取れず。長丁場リハはけっこうずっしりきました。
本日休み取っておいて正解でしたー。
これでちょっとまたひと段落ですが、月末にはデュオライブがあり、7月入ってすぐsaxスクールの本番と何やら楽しげな企画も控えてるので気は抜けません。ってか底上げしないと対応していけないので、地道に努力せねば。。。

 

JUGEMテーマ:音楽



ライブ情報

2019年5月11日(土)
@Butcher八王子
MANHATTANS
open 17:00
start 20:00
投げ銭

北守一生 sax
森崎直樹 drums
相澤卓也 bass
今野雄介 guitar
田中久美子 keyboard


2019年5月24日(金)
@西調布 uncle
Yasu band
open 20:30
start 21:30
charge 2,000円
ヤス高橋(vo.&g.)
平野雅己(g.)
山嵜優(b.)
佐藤"ステディ"徹(dr.)
ドクター(org.)
田中久美子(key.)



- - - - - - - - - - - - -
サポート演奏等も承っております
ジャンル、編成、幅広く対応いたしますのでご相談ください。
HPよりe-mail受付けております。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

time

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

amazon

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM